ラブプラスevery TGS2019

衣装アーカイブ

国民的カノジョ『ラブプラス』十羽野高校女子制服コスプレ人気の秘密

ラブプラスevery TGS2019 コスプレ 制服

10年を超えて高い人気を誇るゲーム『ラブプラス』

『ラブプラス』は、2009年にコナミがニンテンドーDS向けに発売した恋愛シミュレーションゲームです。続けて2010年に『ラブプラス+』、2012年に『Newラブプラス』(3DS用)が改良版として発売となります。

さらに、2019年10月より同シリーズとしては初のスマホ課金型ゲーム『ラブプラス EVERY』が開始となりましたが、スタート時の延期に次ぐ延期とグダグダに加えて、一年持たずにサービスが終了しています。

ゲームストーリーはシリーズ一貫しており、"とわの市"へ引っ越してきた高校2年生のプレイヤーが「私立十羽野高校」の2年生へ転入するところから始まります。そこでテニス部、図書委員会に所属し、ファミレスでのバイト、それぞれでヒロイン3人と出会いさまざまな出来事を共有し、次第に関係を深めていくことでゲームが進行します。

それまでの恋愛シミュレーションゲームでは、プレイヤーがターゲットのヒロインに対して好感度を上げていき、最後に告白して「彼女」になることをゲームクリア条件のゴールとしています。ところが、本作品の画期的だったところは、同じコナミの『ときめきメモリアル』のゲームシステムをベースとして、ゲームスタート早々に3人のヒロインのうちから一人に告白、「彼女」になり付き合い始めてからの各種イベントに主体が置かれているところが最大の特徴です。

このため、ゲームクリアのゴールというものが無く、高校2年生を繰り返すエンドレスゲームになっています。従いまして、ゲームを終了するのは「飽きる」か「ハードが壊れる」しかありません。

ゲームの発売当初は24万本の売り上げで、恋愛シュミレーションゲームとしては異例のヒット作品となり、昼夜問わず四六時中ゲームに没頭し風呂も食事も一緒で徹夜で夜明かし、旅行も一緒!?

と社会現象となり、ゲーム画面の"カノジョ"へ入れ込む「ラブプラス廃人」という言葉も生まれています。

ラブプラス コスプレ 十羽野高校女子制服 蝶良寿々 @tefran

ラブプラス/高嶺 愛花
コスプレイヤー:蝶良寿々さん/twitter:@tefran

コスプレでも10年超で高い人気を維持する理由

『ラブプラス』のヒロイン3人

  • 「高嶺 愛花」 (高2/同級生)
  • 「小早川 凛子」(高1/下級生)
  • 「姉ヶ崎 寧々」(高3/先輩)

のコスプレは、最初のゲーム登場から10年以上が経過しているにも関わらず、今もなお非常に高い人気があります。

これだけの長い期間、コスプレでも高い人気を保てる理由の一つとして、アニメ化を行っていないことが挙げられます。何度もアニメ化の依頼があったそうですが、動画になるとキャラクターのイメージが固定されてしまうことから、全て断わってきたのが『ラブプラス』という作品でもあります。

ファンそれぞれの中にある「カノジョ」のイメージを大切にし壊さないようにしています。結果として恋愛シュミレーションゲームにおいて、10年以上にも渡り人気のトップクラスに君臨し続けています。

ラブプラス コスプレ衣装 十羽野高校女子制服 夏服 半袖

コスプレをし易い『ラブプラス』のヒロイン達

メインヒロインは全部で3人が登場し、同級生で箱入り娘のお嬢様「高嶺 愛花」、下級生でツンデレの「小早川 凛子」、上級生で頼れる優しいお姉さん「姉ヶ崎 寧々」、キャラクターデザインは「ミノ☆タロー」。

実はこの他にも、スマホゲーム「ラブプラス コレクション」において4人目のカノジョ候補、秋田美人の「雪乃 玲(ゆきの あきら)」が存在します。『NEWラブプラス+』の桜並木の通学路イラストの奥に彼女らしき人物が描かれていたり、とわの市のいくつかのスポットの背景にいたりします。

コスプレで「雪乃 玲」はイベント等でもほとんど見かけることが無く、一般への認知度は低いカノジョです。しかし、「コスプレイヤーズアーカイブ」の投稿写真にはそれなりの数の写真が投稿されていることから、コスプレではある程度の人気があるキャラクターでもあります。

ですが、最新のスマホアプリ「ラブプラスEVERY」にも彼女の姿はありませんでした。"雪乃玲"は、プレイヤーと同じ高校2年生であり、同級生の"高嶺愛花"とも被ることから、外されたと見られています。

『ラブプラス』の3人のヒロインは男性のみならず女性にも人気が高く、大小のコスプレイベントでは必ずと言っていいほどに単独・合わせ共にコスプレが見られます。「制服コスプレ」は、地毛でもできることから比較的低予算である程度の完成度を保つことができ、コスプレ初心者にもオススメし易い十羽野高校セーラー服のコスプレでもあります。

ラブプラス コスプレ衣装 十羽野高校女子制服 夏服 半袖 セーラーカラー 角襟

十羽野高校女子制服の特徴!変形襟のセーラー服

『ラブプラス』で主人公(プレイヤー)を含むヒロイン達が通う「十羽野高校」は、女子用制服にセーラー服を採用しています。

作品中ではゲーム進行のリアルタイムで6~9月の夏季が半袖の夏服、それ以外の4月~5月と10月~3月までが長袖の"冬服"に衣替えされます。真冬の厳寒期には上から白いカーディガンを着ており、コスプレにおいても定番で再現されるスタイルです。

ちなみに愛花は"冬服"の方が好きだと言います。夏服は肌の露出があり日焼けをするから、日焼けをしない長袖の方がいいとのことです。
夏服では、ヘソチラが見える丈が短く露出が高い半袖でであることから、「他の女の子に目移りしないでね!?」と釘を刺されます。

【セーラー服】

十羽野高校女子制服のセーラー服は変形襟と呼ばれる角襟で、前襟が三角形ではなく直角となっているセーラーカラーが特徴です。変形襟自体は沖縄地方の学校に比較的よく見られるものですが、このタイプの角襟を制服に採用している学校は実在しないのが実際のところです。

それでもこのタイプをよく目にする記憶があるのには、アニメ・漫画系の制服にはよく見られる形であるためです。『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の高坂桐乃の中学校制服などが代表例となります。

セーラーカラーの襟のラインは、1本の細い平線で襟を一周しています。襟の背面は四角ではなく燕尾型となっており、その形に沿って平線がV字に配置されています。

ラブプラス コスプレ衣装 十羽野高校女子制服 夏服 半袖 セーラー襟背面

また、前襟のV字の間にある胸当てはボタンホックによる着脱式であり、さらにアニメのセーラー服にはよくある浮き上がるのはお約束です。

この『ラブプラス』十羽野高校の女子セーラー服では、冬服がオーソドックスなブルーブラック(ネイビー)一色のセーラー服で脇腹の両サイドへ縦に"くの字"に白いラインが入っているのが特徴です。また、夏服は同じく腋の下に"くの字"に黒のラインが入り、その腋下の両サイドがワンポイントとしてライトブルーの生地になっていることが最大の特徴となっています。

夏・冬服ともに、この腋のデザインが「ラブプラス」のセーラー服を象徴する最も重要な部分となっています。

このセーラー服は、一般的なサイドファスナー方式で頭からかぶるプルオーバータイプとなっています。

【スカート】

スカートのカラーはセーラー襟と同じブルーブラック、プリーツは車ヒダでイラストなどから14本が確認できます。裾にはセーラーカラーと同じ白で細い平線がスカートを一周しています。

最近の学校制服の流行りであるチェック柄とは一線を画し、シンプルなデザインで清純さが感じられる仕様になっています。

【スカーフ】

襟のスカーフは、セーラー服ではオーソドックスな手巻きの三角スカーフになっています。襟背面の燕尾型の切れ込み、中央部分からスカーフを少し出し可愛らしいアクセントになっています。

ラブプラス コスプレ衣装 十羽野高校女子制服 夏服 半袖

ラブプラスヒロインのあのシーンをコスプレで再現

愛花 談
「学校のカーディガンって、どう思う?」
「そうだよね、イメージも変わるし、かわいいよね。」

冬服の場合には、市販の白いカーディガンを用意すれば厳寒期の屋外でのコスプレにも対応ができます。夏場であれば、夏服の半袖でイベントや撮影会に参加が可能と、1年中オールシーズンでコスプレが可能なキャラクターでもあります。

また、この十羽野高校のセーラー服はポージングによってはヘソチラをすることが特徴でもあり、そういったチラリズムが人気の秘密でもあります。


コスプレ衣装 グランアテーセ / 【日本製】 ラブプラス 十羽野高校女子制服(夏服・半袖) アニメ コスプレ 衣装 キャラクター セーラー服 カノジョ
コスプレ衣装 グランアテーセ / 【日本製】 ラブプラス 十羽野高校女子制服(夏服・半袖) アニメ コスプレ 衣装 キャラクター セーラー服 カノジョ

-衣装アーカイブ

Copyright© コスプレ衣装 グランアテーセ , 2020 All Rights Reserved.