ネット通販 EC ショッピング 詐欺サイト

ウェブサイト

ネットショッピングの商品トラブル!アブナイ通販サイトの見抜き方

様々な手口であなたの個人財産が狙われている

仕事や学校から家に帰ってきてメールチェックをしますと、その中には必ずいくつかの詐欺フィッシングメールが含まれています。迷惑メール振り分け機能にかなりの数が落とされているにも関わらず、いくつかはすり抜けて来るのです。

フィッシングメールには、「イオン」「セゾン」「三井住友」「三菱UFJ」などがよく見られ、さらには多くの人が利用して身に覚えがあり「ドキッ」として圧倒的にスパムの数が多いのが「Amazon」や「楽天市場」などの通販ショップのアカウント停止を名乗るものです。

最近では、「東京電力」や「東京都水道局」などを名乗って、インフラを止めるという手口も目立つようになっています。これらは「数打ちゃ当たる」方式で、身に覚えのある人がわずかにいれば良いわけで、無差別に送りつけていますので、無視・即ゴミ箱行きで問題はありません。

銀行やカード会社、電力会社などが重要なアカウントの停止をメールで通知することは基本的にありません。必ず、ハガキなど封書で送ってきます。

また、Amazonや楽天市場などの通販サイトがアカウントの確認を行ってきた場合には、必ずお気に入りとかgoogleやYahoo!等の検索から飛ぶようにして、メールからは絶対にリンクを踏まないことが大切です。

・自分がパスワードなどを忘れて、送信を依頼したメールは除きます

こういった詐欺サイトは、年々巧妙になりアップデートされていきますので、常に手口などの最新の情報に触れておく必要があります。

通販は大手ECサイトから自社サイトへの流れ

メールに記載されたリンクは押さないようにしても、これだけでは詐欺サイトにひっかかからないとは言えません。最近では通販の偽サイトを作り、クレジットカード番号を盗んだり金銭を搾取する事例が増えています。

「コスプレ衣装」なんてマイナーな商材の通販サイトを、Windows95のネット黎明期から自前で運営している身としましては、この通販サイトを全否定する記事を書かなければいけないのは、少し悲しい気もするのではありますが。

基本的に「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」、「Amazon」といったモールに出店しているショップに関しましては、出店の際には登記簿謄本の提出などがあり審査が厳しいことや、プラットフォーム側の補償があることからも安心はできます。ただし、これらのショップからは「安い掘り出し物」を探し出すことは、今の時代では難しくなっていると言えます。

大手ECモールでは、そこに出店手数料として月額と売り上げに対してのパーセンテージが課されます。これが商品価格の20%あまりを占めることから、モール出品では商品価格を安くできないとなります。

また最近では「送料無料」を掲げることで、このコストも実は商品価格に上乗せされているのです。同じショップからまとめ買いで複数個を購入した場合、送料を2重3重で支払っているのでした。

さらには、大手ECモールでは出店店舗数が増えすぎて、検索で下位に沈んで売り上げが上がらない、と悩むショップも多く見られるようになっています。このため、手数料コストの節約も含めて、自社運営のオリジナルで通販ショップを開設する動きが目立ってきています。

その隙に付け込んで、あなたの個人財産を狙って来るのが、詐欺師なのです。問題なのは、大手モール以外の「野良通販ショップ」です。

通販サイトは大手企業を名乗っていても要注意

誰もが知るような一部上場企業名やブランドのECサイトであれば、安心してクレジット番号を入力するかもしれません。ですが、ちょっと待ってください。

そこに詐欺師は付け込んできます。

・そのサイトが完全コピーされた偽サイトである可能性

GoogleやYahoo!ジャパンからの検索では、詐欺サイトの多くは排除されますので比較的安全ですが、X(旧twitter)やInstagramなどのSNS広告からのリンクで飛んだ場合には注意が必要です。

さらには弊社ショップのような中小企業や、小さな商店が運用するECサイトの場合には、更なる注意が必要になります。検索で探すレアな商品や、コスプレ衣装のようなマイナーな商材を扱うのは中小企業の方が多くなります。

そういった詐欺ECサイトでは

・決済をしたが商品が届かない
・クレジットカード番号が盗まれて不正使用される
・商品サンプル写真とは違う物が送られて来る
・ブランド品の偽物が送られて来る

などのトラブルがあります。
また、こういった詐欺ECサイトの特徴としましては、相場よりも大幅に価格が安い(半額とか)などがあげられます。

詐欺通販サイトを見抜くポイント

まず、通販ECサイトを運営する際には「特定商取引法に基づく表記」として、「事業者の責任者名」「所在地」「電話番号」等の記載が義務付けられています。

運営者情報

・所在地を検索して実在する住所かを確認します。
存在しない住所、あり得ない部屋番号、マンションやアパートなのに部屋番号が無い、レンタルオフィスなどは要注意で、限りなく黒に近くなります。

・ 事業者の所在地や電話番号が記載されていない
電話番号が携帯番号であったり、実在しない架空の番号である場合には怪しさ満点です。メールアドレスがフリーアドレスである場合にも、注意が必要です。

固定電話を持たない、外出が多いなどの理由から連絡先を携帯番号にすることも考えられますが、固定電話を持たないということはいつでも逃げられるわけで、地に足がついていないと解釈ができます。

・ メールでの問い合わせに時間がかかる、問い合わせに無反応
反応が鈍い場合、掛け持ちで忙しかったりと即詐欺サイトとは断言はできませんが、ヤル気が低いと判断はできます。

決済方法

・ 銀行振り込みによる前払い決済のみしかない
クレジットカード決済や代引き決済を行うには審査があることから、不正なサイトでは審査が通りません。このため銀行振り込みのみしか扱えません。

・ 銀行口座が事業者会社名やショップ名ではない
個人事業主の場合、振込先がサイト運営責任者の個人口座であることがありますが、運営者情報と口座名義が異なる場合には限りなくクロとなります。個人口座や外国人名義の口座の場合には、取引は避けるべきです。

・クレジットカード決済を希望してもシステムの不具合を理由に銀行振込に誘導される
何だかんだと理由をつけて、銀行振込をさせようとします。限りなく詐欺ECサイトとしてクロです。

・ クレジットカード番号等を入力したが画面が切り替わらない
クレカ情報が盗まれました、すぐにカード会社へ連絡して対応をしてもらいましょう。

通常、通販ECサイトでは購入機会を増やすために、購入者の利便性を考えて多様な決済方法を用意しています。銀行振込のほか、クレジットカード、代引きは基本となりますので、どれか一つだけしか選べないというECサイトは警戒しても良いと思います。

その他の怪しい点

上記のチェック項目でも確信が持てない場合には、さらにECサイトの怪しい点を探します。

・ 不自然な日本語の使い方
漢字がおかしかったり、簡体字などのフォントを使用していたりします。また、おかしな日本語を使っていたり、翻訳ソフトで変換したような言い回しには注意しましょう。

・価格が相場よりも極端に安い
正規店の価格や価格.comの相場よりも極端に安い場合には、偽物や異なる商品が送られて来る可能性があります。偽物の場合には、海外発送であることも多く税関で没収されたりします。80%OFFなどの極端な割引き表示には、注意が必要です。

詐欺ECサイトで被害に遭ってしまった場合の対処

詐欺サイトはあの手この手で、次々と新しい手口であなたの財産を狙ってきています。どんなに注意をしていて、被害を避けるための予防策を講じていたとしましても、引っかかってしまう可能性は誰にでもあります。

これは、ネットリテラシーの高い低いは関係無く、また経験豊富な高齢も未熟な若いも関係はありません。とにかく他人の財産をかすめ取ろうと狙う、犯罪集団がいるのです。

フッと、気を抜いた瞬間に財産がかすめ取られてしまいます。「自分は絶対に引っかからない」、とは思わない方が良いでしょう。

さて、詐欺ECサイトに自分の情報や現金を渡してしまった場合には、どのようにすれば良いのでしょうか。現金は戻って来る可能性は低いですが、少しでも被害は抑えたいところです。

・クレジットカードのサポートセンターへ連絡してすぐにカードを止めます
カード不正利用の2次被害の拡大を防ぐと同時に、カードを新しくします。
番号を入力して送信を押さなくても、入力欄に番号を入力しただけでも犯罪組織にカード番号等が渡っている可能性があります。

・正規の通販サイトのアカウント情報を入力した場合には、すぐにパスワード等を変更します
同じパスワードを使用しているサイトも、同時にパスワードを変更します。2段階認証が可能な場合には、こちらも有効にします。

・不正な支払いを行なったサイトに対して、支払いを取り消します。
PayPalなどには保護制度があります、銀行振込では一定時間内であれば組み戻しなどの振込の取り消しができる場合があります。

消費者庁や警察庁からも注意喚起がされています。

-ウェブサイト