コスプレ衣装製作

ラブプラス

言わずとしれた、現在社会現象化しているほどに人気の恋愛シュミレーションゲームです。
店頭に入荷しても瞬殺で売り切れてしまうそうで…

そこで、この制服を作ろうかどうしようかと考え中。
で・す・が、このゲームは「コナミ」なんですよねぇ。

コナミは版権ナシでは絶対にマズイ!
このブログに貼った画像すらもダメかもしれないというほどに、キャプチャ画像なども徹底的に排除することで有名なメーカーではあります。
あまりにも管理が厳しいために、「ときメモ オンライン」ではユーザーから総スカンを食らって中途半端となり結局はヒットしなかったという経緯もあります。

ラブプラスの画像検索をかけてもすでに削除されているものが多く、この作品もおそらくはこういった厳しい管理体制にあるのかもしれません。
そんなことを知ってか知らずか、ときメモの制服を販売しているショップが希にあるわけなのですが、勇気があるなぁ…と感心。
そこは、たまたまコナミさんの目に触れていないだけで運がいいだけなのでしょうけれども。
中国業者なら、ドロンしてしまえば追跡はできずにそれまでなのかもしれませんが。
たぶん、そろそろ「ラブプラス」の制服も作って来る業者は多いでしょうね。
縫製の素人さんでも家庭用ミシンだけで縫えるくらい、それほど難しい構造ではありませんし。

そんなコナミ作品であるという理由から、ラブプラスの制服は版権を取得しないと製作は間違いなくできません。
逆に版権取得ができれば鬼に金棒なのではありますが、問題はこの制服がヒットするかどうか…ということ。
カラーリングがコスプレとしてみれば地味!
で、特別な特徴の無い普通のセーラー服のちょっと変形タイプでしょ。

もう一つの懸念材料は、この作品が「恋愛シュミレーション」ということで男子向けである点。
確かに男性にはウケが良いようですが、コスプレのメインである女子に受けるかどうかというのが微妙な位置にあります。
コスプレ衣装としてヒットするためには、ハルヒのように作品内容がメインユーザーである女子にウケなければならないのです。

たぶん、ときメモのようにゲームの続編もあるでしょう、Wiiへの移植もあるようです。
アニメ化も必ずあると思います。
それでも…版権を取得して衣装を作るには、引っかかるモノがあります。

う~ん、、、
趣味で作るにはよいのですが、本気ビジネスでやるとなると…
コナミが絡むだけに、やるからには本気でやらないとならないでしょうし。

-コスプレ衣装製作

Copyright© コスプレ衣装 グランアテーセ , 2020 All Rights Reserved.