コスプレ衣装Shop

撮影用スタジオ復活

在庫衣装の整理がやっとついたため、空いた部屋に撮影用スタジオを設置します。

こちらも掃除から始めなければならなかったため、結構な時間がかかりました。
ただ、物品が無いガランとした部屋でしたので、掃除機とモップがけは楽です。

いやぁ、水拭きした後の床は、寝転んでも気持ちイイ。

そこへ撮影用の備品を搬入します。
これも浅草橋の店舗で使用していた物で、店舗開設以前にはココでは使っていなかった機材ばかりです。

店舗を撤収してきた時に、そのまま放り込んであった物ばかりです。
ちゃんと稼動するか、部品が全部揃っているかが少し心配です。

部品は、撤収時にまとめて衣装ケースに保管していたので、紛失等はありませんでした。
これも一つ一つの部品は高価なので、無くなっていなくてヨカッタ。

以前は、背景紙は三脚スタンドで吊っていたことから、脚が邪魔になっていたのですけれども、店舗設置以降からは突っ張り棒にしたため、足下がスッキリしました。
逆に、三脚スタンドが要らなくなってしまったのですが…

まぁ、三脚スタンドはコスプレ撮影イベントなどに持っていく際には使えるので、そのまま保管となります。
それにしても背景布、さすがに2005年末から使用しているため、汚れが目立ちます。
もう少し幅広のものに買い換えようかとは思うのですが、布で横幅2mオーバーの物ってネットを探しても無いのですけども。
紙だったらあるのですよね、ですが紙はすぐに破れるし。

背景紙って、そんなに長く使い回すモノじゃ無いのでしょうか?
コスプレの人物撮影をすると、やはり屋外用の靴を履くことから汚れます。

トルソーでのサンプル衣装撮影であれば背景紙はこの長さで十分なのですが、人物撮影はポージングなどもありもう少し手前へ長く引き出せた方が良いのです。
そういった意味も含めて、背景紙ホルダーなどもバージョンアップさせたいナ、と。

長年使用しているせいか、背景布の段ボール芯が少したわんでいます。
スムーズに回らず、ビヨンビヨンとたわみながら回ります。
やはり、そろそろ買い換えなくてはならないですかね。

浅草橋店舗で撮影を行っていた時は、壁がコンクリート打ちっ放し、天井が建材剥き出しのグレーであったことから、照明には苦労していました。
なかなか綺麗に光がバウンスしてくれないのでした。

やはり、こちらの方が壁も天井も白であることから、照明のコントロールはし易く綺麗な写真が撮れます。

トルソー達も、復活です。
12月末に「Re:ゼロ」のサンプル衣装が届き、サンプル撮影を行おうと試みてから、3ヶ月目にしてようやく撮影の準備が整いました。

2015年のGWに浅草橋店舗を撤収してきてから丸2年、ようやく撮影環境が復活です。
その2年間、何をやっていたんだという話ではありますが…

イロイロと他の仕事を押しつけられて、忙しかったんだよぉ~!?
今もヒマ、というわけではありませんけれども。

-コスプレ衣装Shop

Copyright© コスプレ衣装 グランアテーセ , 2020 All Rights Reserved.