コスプレ衣装Shop

コスプレ衣装のレンタル事業

キャラクターコスプレ衣装のレンタルに関してご質問をいただいたので、まとめておきます。

ネットでもレンタルをするところがありますが、基本的にコスプレ衣装のレンタルは事業として
成立しないと考えています。
その理由としまして、

・コスプレ衣装はプラモデルやフィギュアと同じくコレクション的な要素が強い

アニメに限らず、車や鉄道ファンなどの〝オタク〟と呼ばれる人たちは、コレクション数の多さ
を仲間内で競います。
数が多いこと、質で優れていることに対してリスペクト(尊敬)を集め、暗黙のウチに優越感に
浸るのが〝オタク〟の特性です。

コスプレ衣装でもたぶん、クローゼットに何十着と並んでいる姿を見るだけで幸せを感じている
人は多いのではないかと…?!
たとえ1回しか着ていなくても、持っていることに意味があります。

・体型が人それぞれなために、サイズ調節をしないと使えない

キャラクターを再現する上で、ブカブカでダブダブではみっともないでしょう。。。
既製服といえども、ウェストやバスト周りは修正をする必要があります。
また、自分好みに細部をアレンジすることもあり、購入そのままではイベント等では使えません。

・繰り返しの使用に耐えられるだけの耐久性が無い

一般的にレンタル事業とする場合には、調達コストをペイして利益を上げなければいけません。
そうした時に回転率というのが重要になるのですが、コスプレ衣装というのは装飾も多く破損も
し易いために一般服に比べて耐久性が劣るのが普通です。
クリーニングコストも含めて、事業ベースには乗せにくい事情もあります。
そもそも、クリーニングをした友達の衣装を借りるのならまだしも、ドコの誰だか判らない人が
着たものを着たいとは思わないのが〝洋服〟です。
このため、コスプレ衣装の中古市場というのが非常に小さいことからも明らかです。
中古衣装として流通ができるのは、1回だけの使用とか室内だけの使用の場合に限られます。

イベントでも滅多にお目にかかれないコスパ製の衣装であれば、何万円も出して購入はできない
けど1回着てみたいという人は多く、3,000円くらいで借りられれば需要はあるでしょうけど…
あとは、撮影スタジオなどでのレンタルであれば、汚れることも少なく次々とチェンジしながら
撮影ができるため、ある程度の需要があります。
以上のような背景から、コスプレ衣装の単体でのレンタル事業は成立しない考えています。
先に述べた撮影スタジオや、学園祭向け等の機材レンタルとの併用であれば、目玉としてはあり
得るかもしれません。
それ以外の場合には、購入してしまった方が結果としてお得になるのです。

実際にアテーセでも、撮影スタジオやメディア制作会社(AV?)と思われる会社名義での購入があり
ますし、TV番組制作会社から問い合わせを受けることもあります。
まぁ某AVのパッケージに、「コレうちの衣装だぁ~!」と見つけてしまった時には、品質を認め
て使ってくれてウレシイ反面、ちょっと複雑な気持ちにはなりましたケド、、、
中は見てません…(汗)

ハルヒの北高制服衣装は、TV番組に使ってくれてもバッチシなくらいの仕上がりなんですけども
ね、、、
番組製作会社の方、衣装提供しますんで…

-コスプレ衣装Shop

Copyright© コスプレ衣装 グランアテーセ , 2020 All Rights Reserved.