コスプレ用 造形

FFXユウナのイヤリング

このブログでユウナのイヤリングの製作過程をご紹介しているせいか、先週からユウナの衣装が続けて出ており在庫も僅少となってきています。

このユウナのイヤリングは、先週に塗装の終わっていた各パーツを今日組み上げて量産の完了です。
先週には何着分か先に組み上げて衣装と一緒にお届けをしていますので、こちらも今回塗装した分で残っているのはコレだけとなります。
今週も発送待ちの召喚士衣装がいくつかありますので、早々に無くなるとは思います。

まだキャストで抜いた分はあるため、ペーパーをかけて塗装をすればもっと出来上がりますけれど…召喚士衣装の方がもう在庫が無いのですね。
次回のイヤリングの製作は召喚士の次ロットの入荷に合わせてとなりますので、今回の分が無くなれば次はGW過ぎくらいになる予定です。

今回の分から、フサの青色が少し濃くなっており1本1本の繊維も太い物に変更しています。
カラーはこちらの方がいいですが、もうちょっとフサフサ感があった方がいいですかねぇ~!?
フサフサ感では、前の方が良かったかもしれません。
色でこの材料を選んでしまいました。

フサフサ感を出すためにフサを増量しますと、穴に入らなくなってしまうのです。
もう少し、穴の中をリューターで大きくくり抜いた方がいいかもしれません。
入り口を狭く、内部を大きくくり抜く形で次はもう少しフサを増量してみましょう。

円錐玉(?)の下半分の金色は、かなり苦労をして選んだ塗料になっています。
この前に4種類の塗料や塗装方法を試しており、たどり着いたのがこの「金」になります。
完全な鏡とまではいきませんが、鏡面仕上げとなっていて、うっすらと顔が写り込むまでになっています。
一番近いと思われるのが「金箔」。
ホンモノの金色になります。

たぶん、プラモデルを作られる方で「百式」や「アカツキ」、「ナイト・オブ・ゴールド」を製作される場合には、みなさんこの色には悩むのではないでしょうか。
そう、「ストライクフリーダム」にも、関節部分に金色が使われますね。
ただし他の金色の再現方法と同じく、下地処理研磨は重要となります。

金色の塗装には手間暇がかかります。。。

ちなみに、金色の塗装を車のエンブレムなどを塗装する専門業者に出そうとしましたが、ラクスの髪留めで1個あたり1,500円ほどになり、発注ロットが100~ということで断念!
この塗装方法はバンダイの「HGアカツキ」と同じ仕上がりとなりますが、コストがねぇ…

今回の塗料も業務用を使用していますけれども、バンダイなどのような鏡面仕上げとするにはこちらも業務用でデッカイ缶で購入になってしまいます。
今、ウチで使用している金色塗料も、取引きのないところへは卸さないと言われたのですが塗料メーカーに拝み込んで直接に販売してもらったモノになります。
個人には販売をしないようで、法人だからナントカ。。。

-コスプレ用 造形

Copyright© コスプレ衣装 グランアテーセ , 2020 All Rights Reserved.