細部にこだわり写真映えするコスプレ衣装、カワイイを求めて

コスプレ衣装 グランアテーセ

コスプレ造形

S&W M29 クラシック 44マグナム

『マクロスF -劇場版-』のシェリルのカウガール、通称「ラブスリンガー」と呼ばれているコスプレ。

作品中で、これに使われている銃は何?
というお話。

当然、架空のものなので全く同じ物ということは無いとは思うのですけれども、元になった物はあるはず。
ということで、作画から一番近い物を探します。
別にガンマニアじゃ無いんだけども…

型から見ると、その特徴は「スミス&ウェッソン」に多いような気がする。
ルパン三世の次元大介が愛用するコンバットマグナムに似ています。
が、グリップの形がちょっと違う。
また、銃身の下にも棒が銃口まで伸びているのは「コルトパイソン」に見られる特徴。

この銃身の下の棒は、射撃の時の銃口の跳ね上がりを抑えるためのオモリで「エジェクターロッドハウジング(リブウェイト)」と言うのだそうな。
ただ、コルトパイソンには銃身の上部にも放熱板「ベンチレーテッドリブ」があり、これがシェリルの銃にはありません。
コルトパイソンって、シティーハンターの冴羽獠が使っているヤツだったりします。

S&Wは銃身が長いことから、「44マグナム」が一番近いところまでは突き止めた。
ただし、やはりリブウェイトの部分は気になる。

かなり時間をかけてラインナップを調べていくと、一番近いヤツを見っけ!
「S&W M29 クラシック 44マグナム」がリブウェイトも銃口まで伸びていて、おそらくこれをモデルに描かれている可能性が大。
6.5インチが一般的ですが、8-3/8インチという銃身の長いタイプじゃないかな。

44マグナムなら銃火気のマニアでなくても知っている人は多いから、多くの刑事ドラマで主人公が用いていたりアニメ/マンガでも描かれています。
『こち亀』の中川巡査や『シティハンター』の海坊主、『ブラックラグーン』のダッチ、『バイオハザード』にも度々登場しています。
『それでも町は廻っている』のOPにも登場、BD/DVDを持っている人は見てみるといいです。

ですが、44マグナムもコルトパイソンも女性が持つには大き過ぎますよねえ…
指が届かないんじゃないか?

※)訂正
その後も調べた結果、シェリルのガンマイクは「コルトS.A.A」ということが判りました。

-コスプレ造形

Copyright© コスプレ衣装 グランアテーセ , 2019 All Rights Reserved.