細部にこだわり写真映えするコスプレ衣装、カワイイを求めて

コスプレ衣装 グランアテーセ

google検索窓

ネットshop運営

通販ショップ、google検索から訪問者数を増やす方法

2019年3月8日

google検索窓

コスプレ衣装の通販ショップを知ってもらうためには

独自ドメインによる通販ショップを制作することは、昔に比べたら簡単なツールが揃ってきていることから、今では安価にそして比較的容易に出来るようになっています。

このためネットやウェブの詳しい知識がなくても、ご自身が作った様々な商品を日本中へ世界中へと販売することが可能です。仮に自分で作成が出来なくても、簡便なツールが揃っていることから業者へ依頼するのにも劇的に価格が下がっています。

以前は、ウェブサイトの構築を業者へ依頼などしようものならば普通に50~60万円、中には100万円くらいを請求されたものです。今では安いところならば10万円前後、20~25万円もかければかなり立派なウェブサイトが構築できます。今の時代に50~60万円以上というのは、SEOまでを含めて検索の上位へと押し上げるテクニックを持っているところです。

そんな簡単に作成できる通販ショップではあるのですが、問題はそこから先です。そのウェブサイトは、太平洋のど真ん中に落とされた500円玉に過ぎないのです?!

さて、この500円玉をどうやって他の人に見つけてもらいますか?

これまた以前であれば、通販ショップを登録できるポータルサイトが複数存在し、ひたすらこれらのサイトに登録をしていけばある程度の訪問者が来てくれていました。

『ここぷれこみゅ』であれば、トップページ一番下(PC版)に未だに名残が残っているバナーリンクがそれです。コスプレ関連のポータルサイトとしまして「コスプレコミュニケーション」「COSP」「コスプレサーチ」「コスプレスタイルサーチ」などが有名なポータルサイトでした。その他には、一般的な通販サイトを登録するネットショップのランキングサイトなどが乱立しており、そのコスプレ部門やアニメ部門などに登録をすることで、集客が出来ていたものです。

ポータルサイトリンクバナー

ところが今、コスプレ衣装に限ったことではありませんが皆さんが欲しい商品を探す際に、どうしているでしょうか?

その大半で「検索」を利用しているはずです。これは、Amazonや楽天市場にYahoo!ショッピング内においても同じかと思います。

そう、この「検索」を制することが今の時代に通販サイトを多くの人に知ってもらう最も重要なことでもあるのです。逆に言えば、検索に出て来なければ「無いのも同然」と言っても過言ではありません。

yahoo! Japan検索窓


Yahoo! Japanはgoogleの検索結果を使用しており、そこへYahoo!ショッピングやヤフオクの検索結果をプラスしています。このため、検索順位はほとんど同じ表示になります。

通販ランキング型ポータルサイトの壊滅

これまでであれば、通販ランキングサイトに登録をすれば訪問客がやって来ていた、と書きました。これもgoogle検索のアルゴリズムに大きく関係しています。

多くのランキングサイトは「Yomi-search(Yomiサーチ)」という自動登録型のCGIプログラムで動いており、このYomi-searchがgoogle検索の上位に引っかかりやすくなっていたのです。

というのも、当時のgoogle検索のアルゴリズムが「被リンクが多いこと」を最も重要視して順位を決めていたことから、相互リンクの数が多いサイトが有利に働いていました。つまりは、「たくさんリンクされているサイトは、みんなから指示されている良いサイトだ」となっていたのでした。

このため、「ショップを登録」→「ランキングサイトへリンク」→「たくさんリンクが集まる」→「google検索上位へ」という流れができ上がります。Yomi-searchというCGIプログラムは、これに最適だったのです。

ところが、これを悪用する"業者"が増えてまいります。Yomi-searchを大量に設置し、そこから目標のWebサイトへリンクを貼ることで被リンクを50でも100でも増やす業者が現われます。

google検索では、被リンクがだいたい100くらいあると優秀なサイトと評価をしてくれていたのでした。

業者ですから当然、ここには費用が発生します。検索エンジンの順位を、お金で操作することができるようになってしまったのです。

ここでgoogleは検索アルゴリズムを改革します。それは当然でしょう、お金により操作ができてしまっていることで、検索ユーザーが求めている検索結果と実際の検索結果に乖離が生じてしまっていたわけですから。必ずしも被リンクが多いサイトが優れたサイトで、検索したユーザーが求めているサイトであるとは限らないわけです。

逆にgoogle側からすれば、検索結果がユーザーの求めている情報と一致しない場合には、googleの検索エンジンとしての信頼度も低下し、将来的にユーザーからそっぽを向かれてしまう恐れがあるわけです。

そこで行われた改訂が、

  1. リンクにキーワードが含まれる
  2. リンク元のサイトに該当するキーワードが多い
  3. 自サイトのサイト名、タイトルにキーワードが含まれる
  4. 自サイト内にキーワードが多い(多過ぎるのもスパム判定となりNG)
  5. 文章量が多い(現時点では画像はSEO効果が無いといわれています)
  6. 更新が頻繁にある、新しい記事がある
  7. 長期間に渡って管理されている(古いドメイン)
  8. 内部リンクの充実

特に重要視されているのが、文章(テキスト)量とその文章内のキーワードの出現回数だと言われています。また、最近ではgoogleのAIは文章を読解すると言われており、コンテンツの中身を理解して読んでいるとも言われています。このため、不自然なキーワードの出現も検出できるようです。

このように検索順位決定にはサイトの中身が重視されるようになり、ただリンクを増やすだけのランキングポータルサイトはそれまでの上位表示から検索順位外へと追いやられることとなります。

結果、訪問者数は激減となり広告収入が得られなくなったポータルサイトは、次々と閉鎖へと追い込まれていきます。

Bing検索窓

Microsoftの検索エンジンで、googleとは検索結果の差別化を図っており若干検索結果が異なります。旧名称はMSN サーチ、Windowsサービスの一つでもありました。

現在、集客は検索エンジンの一択

以上のことから、通販サイトへ訪問者を誘導できるのは検索エンジンのみとなっています。twitterやInstagramなどもありますがこれらは補助的な使い方であり、まずはメインのショッピングサイトの充実が先決となります。

しかしながら、ショッピングサイトというのは商品情報を記入するだけで、その他の特徴やアピールポイントなどの詳細を掲載するようにはできていないことがほとんどです。この時点で、すでに「文章(テキスト)量」という点で他のサイトに負けてしまっているのです。

さらに不利なのは、一度商品情報を登録してしまいますとその後の更新がほとんど無いということ、新規商品の登録も頻繁には無いという点です。これらは全て、上記のgoogleが評価する事項とは逆になるということです。

そこで、集客のために活用するのがブログになります。ブログは毎日でも頻繁の更新が可能であること、情報量も無制限に掲載できる点が優れています。

ただし、無料のブログサービスは数ありますが、これらはサブドメイン(ameba/~やfc2/~といったURL)であることから検索エンジンに対してはマイナスの評価となり検索上位を狙うことが難しくなります。また、各サービスでも順位表示を行っていますが、これも上位に入ることは難しく集客を安定して行うには向きません。

検索エンジンで何かのワードを検索した際に、少し注意して検索結果を見てみますと、検索上位に並ぶのは独自ドメインの解説ブログばかりであることに気づくはずです。つまりは、現在のgoogleはそういったサイトをユーザーにとって有益と判断し、評価をしているということになるわけです。

集客のためのコスプレブログを始めて6ヵ月

コスプレの通販サイトがgoogle検索において順位を上げるのに不利であることから、新しいブログページ「こすぷれ始めてみようよ!」を独自ドメインで開設したのが2018年の9月15日、間もなく半年が経過しようとしています。これまでのYahoo!ブログでは、記録程度に気ままに不定期で思いついたことを書いていたことから、集客を目的とはしていませんでした。

ですが「こすぷれ始めてみようよ!」では、読んでもらうことを主な目的とし、コスプレの未経験者がコスプレを始めてもらえるような内容を目指して構築をしております。

集客用ブログの開始時に言われている、開始3~4ヵ月で100記事の目標は達成できませんでしたが、この間で70記事と固定記事で相当な数の記事を投稿できました。このためgoogle検索にも徐々に引っかかるようになって来ており、毎週ごとのレポートでグラフが増えて来ているのが判ります。

そのレポート「googleアナリティクス」では様々なデータを表示してくれており、これを解析しますと執筆時に狙って書いたキーワードではクリックされていないことがよく判ります。コスプレ衣装のショップ宣伝ブログですから、「コスプレ,衣装,通販」といったワードを頻繁に登場させるようにしているわけですが、これが全く引っかかっていません!?

確かに、これらのキーワードはハロウィン系の衣装を販売する通販ショップが乱立しており、競争が激しいビッグワードにはなっています。逆に言えば、このワードを制することができればかなり強いということになるわけです。

「コスプレ,衣装」で検索しましても、このブログページは引っかかってきませんが、代わりに検索上位で引っかかるキーワードも出て来ています。やはり、「コミケ」に関するページが興味を持って読まれていることが判ります。

この「コミケ」関連の記事を今後増やしていけば、google検索に対してのサイトパワーが上昇するということになるわけです。サイト全体の価値が上昇していけば、必然的に「コスプレ,衣装」などでも順位が上がってくるということになるはずです。

追記 -その後-

コミケC96の直前に1日の訪問者数が400名ほどに跳ね上がりました、やはりこの時期はコミケ情報を求めている訪問者が多かったということになります。コミケ終了後は、1日あたり100~150名ほどで推移しています。

-ネットshop運営

Copyright© コスプレ衣装 グランアテーセ , 2019 All Rights Reserved.