0
¥0

現在カート内に商品はございません。

涼宮ハルヒの憂鬱 県立北高女子制服(冬服)

涼宮ハルヒの憂鬱 県立北高女子制服(冬服)

通常価格:¥38,500 税込
¥29,800 税込
商品コード: 90911
カートに追加しました。
カートへ進む
『涼宮ハルヒの憂鬱』は、2003年から角川書店が連載・刊行中の「谷川流」、イラスト「いとうのいぢ」によるライトノベルが原作です。ライトノベルのブームを作り、その後は他出版社が同種の書籍ジャンルへと参入するきっかけにもなった作品です。

2006年4月より独立UHF局でアニメ化され放映されると、ブームは本格的に火がつきます。
この時点ではまだローカル局での放映であったために爆発的な人気ではなく、エンディングの「ハルヒダンス」と呼ばれる踊りがファンによりコスプレでインターネットの動画サイトへアップされたことで、放映終了後から一気に人気が爆発しました。

その『涼宮はるひシリーズ』に登場する「県立北高」の女子制服で冬服(長袖)になります。
再現ができるキャラクターは、涼宮ハルヒ、長門有希、朝比奈みくる、朝倉涼子、鶴屋さん、喜緑江美里、またキョン等の女体化などがあります。
再現できるキャラが複数になるため、ハルヒ用のヘッドリボン、腕章は別売りとなっておりますのでご了承ください。

作品中の「県立北高」は、原作者「谷川流」の母校でもある「兵庫県立西宮北高等学校」がモデルとされています。
これ以降、実在する施設等をアニメのモデルとすることが流行っており、これらの地域や施設を巡る"聖地巡礼"の元祖とも言えます。自治体や商店街等が町興しのために、この"聖地巡礼"を利用する例もあります。

この北高女子制服は、オーソドックスなセーラー服とは少し異なっておりウェストインをするタイプであり、着衣の際のファスナーなどは無くそのままかぶるタイプとなっています。
ときおり、普通のセーラー服の裾のハルヒをイベントなどで見かけることがありますので、安い衣装では注意が必要です。

また、東海以西で中部地方の学校女子制服によく見られる「名古屋襟」と呼ばれるセーラー襟のV字が深く切れ込んでいるところが、一般的な関東襟のセーラー服では見られない最大の特徴で、本衣装では一番キレイに見える角度にこだわって再現しています。
また胸元の北高校章は刺繍で製作、胸当てはこれも原作イラストのように少し浮くように大きめに製作をしていますので撮影などの際にはキービジュアルのように浮かせられるようになっています。

ジャケット裾はふんわりと広がるように幅を持たせています。腕部分も大きめに膨らみを取ってあり袖口を絞ることによってイラストやアニメのような"ゆるふわ"なシルエットを再現しています。

スカートは原作のようなタイト感、スポーティ感を演出するため、上部はタイトスカートの構造に下部はボックスプリーツを入れることで、実際に履いた際に臀部から大腿部ラインによって、また動いた際に自然と広がるようになっています。
見た目優先のため、通常の制服スカートよりも実用範囲ギリギリに短くしてありますので、しゃがんだ時などの盗撮対策の必要があります。

その他、ジャケットとスカート双方に裏地も当然ながら入っていますので、着心地も考慮してあります。
生地はポリエステルツイル、防シワ、静電対策を施した日本製の生地を採用していますので、写真にシワが写り込みにくくなっています。
乾燥する冬場などには帯電を防止する導電繊維が織り込まれた生地を採用しています。至近距離の目視ではこの導電繊維が見えますが、カメラには接写でも写らないことを確認済みです。

セーラーカラーとスカートの「青」は原作(公式)では少しグレーがかりますが、初期アニメとピンナップイラストなどを元にしたカラーを採用しています。
このあたりは、それぞれのファンの方がどの原作画を好みとしているかという選択の問題となります。

上級レイヤー、及びプロカメラマンの要求を満たす仕上がりで、すでに何件かのコスプレグラビアの撮影に使用されている実績もございます。
コストがかけられた衣装でありますので、ROM撮影などに適しています。
ヘッドリボン並びに腕章は付属いたしませんので、ご注意ください、別売りとなっております。日本製。

商品検索

商品カテゴリ