細部にこだわり写真映えするコスプレ衣装、カワイイを求めて

コスプレ衣装 グランアテーセ

Re:ゼロ メイド衣装 ラム レム

コスプレ造形

Re:ゼロのメイド衣装ヘッドドレスを作るためクラフトパンチ購入

2018年6月16日

Re:ゼロ メイド衣装 ラム レム

Re:ゼロのラム/レムのメイド衣装のヘッドドレス

多くの中国製の「Re:ゼロのラム/レム」のメイド衣装にはヘッドドレスが付属してきます。そこまでをセットにした販売が一般的となっています。

そうなりますと、フリルなどの手間がかかっていて他よりも割高なこちらの「Re:ゼロのラム/レム」のメイド衣装では、ヘッドドレスは付属させないと価格訴求力が大きく低下することは目に見えています。

Amazonなどでヘッドドレスのみが販売されていますけれども、レビューを見てみますとトンデモないものが送られてくると書かれています。C社の単体販売も結構なお値段がしますしね。

そのうち在庫もなくなり、単体では手に入りにくくなってくるはずです。それならばと、作らなければなりません。

イベントでRe:ゼロのラム/レムのコスプレをしているレイヤーさんに話を聞きますと、けっこう自作している人が多いことに気づきます。売られているヘッドドレスとはまた違う作りになっていたり、上手い工夫をしているものも多く見受けられるのです。

作るとなりますと、このヘッドドレスの構造自体はそれほど難しくはありません。各パーツを作り、紐でつないでいくだけと簡単な作りです。

一般的なものはカチューシャにくくりつけていくものが多いようですが、ラム/レムは髪の色がピンクと青であることから、カチューシャの色が違えば違和感が生じてしまいます。また、このタイプのウィッグとカチューシャはあまり相性が良くなく、動いていると徐々にズレてきてしまうのが減点材料です。

クラフトパンチ ハメパチ

ヘッドドレス用のパーツを切り抜きます

コスプレ用造形のパーツを大量に切り抜くのに手でやるのは時間がかかるのと、綺麗に出来ないことからクラフトパンチで切り抜くことを考えて「ハメパチ」をネット通販で購入してみました。オカダヤなども探しましたが、なかなか実店舗ではこれは置いていません。

この「ハメパチ」は本来は紙を打ち抜くもので、写真などを丸く切り抜いてペンダントなどを作成するための道具です。パンチの作りは頑丈で刃の部分もゴツく、かなりの厚紙でも軽く打ち抜けます。

クラフトパンチ ハメパチ

裏側はこんな感じ、ファイリングする2穴パンチと同じような構造です。抜いた紙は、やはり2穴パンチ同様に下の空間に溜まるようになっています。

ですが、溜める容量はほとんど無いので1枚ごとに取った方がいいようです。

クラフトパンチ ハメパチ 裏側

そこで早速、本来の期待していたフェルトを抜いてみようと挟んでみましたが、フェルトは厚みがあり挟むのはギリギリとなります。そしてパンチしてみましたところ、軟らかい生地は打ち抜けませんでした。

皮とか、ある程度の硬さがある生地だと打ち抜けるのかな、という感じです。

クラフトパンチ ハメパチ フェルトを切り抜いてみる

結局のところ、切り抜いた厚紙をガイドにして円を描き、その線に沿ってハサミで切るしか無さそうです。ワンオフで一つだけを製作するのであればそれでもよいのですが、もうちょっと綺麗な円で切り抜けて量産ができる方法は無いものか?

ヘッドドレスを1つ作るだけでも、円形×4と蕾の台座となる十字×5枚が必要となるのです。今のところは、地道にハサミで切り抜いていくしか無いようです。

クラフトパンチ ハメパチ 紙を切り抜く
構造がしっかりした専門の道具はそれなりのお値段がしますから、ヘッドドレス10とか20程度を製作するのに高価な本格的な道具は購入出来ません。ローラーカッターで切れば、もう少し綺麗な切り口になるのかしら

他のレイヤーさんとか自作の人たちは、Re:ゼロ ラム/レムのヘッドドレスのパーツをどのように作っているのでしょうか。

Re:ゼロ メイド衣装 ラム レム
Re:ゼロ ラム・レムのヘッドドレスにつくバラの蕾はどうする?

続きを見る

-コスプレ造形

Copyright© コスプレ衣装 グランアテーセ , 2019 All Rights Reserved.