コスプレ衣装Shop

ネコメイドのファスナー不良

ガーデン製の衣装は、中国製で価格が安いワリには生地も厚く縫製もシッカリしていてオススメのため、一部の商品を扱っています。
どちらかといえばアダルト系の方向を向いている衣装の会社ですので、その中から人気があり普通のコスプレができる衣装だけを選出しています。

この「ネコメイド」は、ご覧の通りドラえもんの擬人化メイドコスプレ。
ブルーのドラえもんとイエローのドラミちゃんのタイプの2つで、イベントでも人気がありチラホラ見かけるコスプレでもあります。
版権の問題から、あまりハッキリとは「ドラえもんの擬人化」とは書けませんが…(汗)

サイズがMしかないのが残念なところ…
実際にLやXLは無いのか?というお問い合わせは何件かありますし、少し前まではLサイズも用意されていたようですから、数量が出なくて在庫リスクの関係で削ったと見た方がよさそうです。

価格のワリにシッカリとできている衣装ではありますが、やはり中国製ゆえの決定的に弱い部分が存在します。
総じて中国製品では可動部分に問題があるケースが多い!
衣類の場合、ファスナーやボタンやホック類がそれにあたるのですが、ボタン類は自力で交換や付け直しも出来ますがファスナーはそうもいきません。

「ネコメイド」の衣装もその部分では例外ではなく、今回初めてこのファスナーでの不良品が出ました。
ファスナーのような可動パーツの場合、精度が悪いのでしょうね。
問題の無いファスナーもあれば、簡単に壊れてしまうものもある。
品質が一定でないこと、組み付けの精度にバラつきがあること、出荷時のQCが日本の製品よりも甘いことなどが原因かと思われます。

これはガーデン製に限らず、アテーセ製の中国製衣装に関してもファスナーは要注意の部分です。
大型のファスナーはある程度の強度もあるので大丈夫なのですが、小型になるほど壊れやすく不良品となる確率が高くなります。
製品として納入された時点では問題なく見える金具の合わせ目であっても、精度が悪いと外れやすくなっていて写真のように外れてしまいます。

また、縫製精度が悪いとファスナーの取り付けが歪んでしまっていて、途中で上下が動かなくなり噛んでしまったりということも…
取り付けが歪むのは、ロングファスナーに多く見られます。
耐久性という意味からも、可動部分の精度と強度は求められなければならないのですが。
このあたりも使用者の不注意として処理されがちですけれど、根本的には製品不良で制作時の不具合です。
コストとの兼ね合いで、どこまでが制作側の責任なのか、使用者側の責任なのかは難しいですけれども、試着で壊れるようであれば制作側の責任でしょう。

中には、バストやウェストを無理して入れようとする人がいますけれども、、、(;^-^A
そういう時には素直に諦めて、大きいサイズへ変更しましょう。

早速、夜のウチにガーデンへFAXで連絡。
翌午前中、スグに折り返しTELがあり代替え品を送るので不良品を着払いで送り返して欲しいとのこと。
対応は早いですね、連絡をよこさないどっかの中国の工場とは大きな違い…
だから直営ショップが潰れるんだけどサ。

着払いで送り返すのでどこの宅配業者を使っても良いのですが、一応聞いてみる。

「どこか指定の業者はありますか?」

(株)ガーデンが佐川急便をメイン使っているのは知っていましたが、一応、、、
「どこでもいいですよぉ~」と言うかも知れない…ということを期待しつつ。(笑)
やっぱり、利用しているのは佐川急便かゆうパックだそうで。

アテーセではクロネコと契約しているため、ヤマト運輸だと出荷もPC管理で楽なんだけどナ。
まぁ法人なら月締めで一括契約でしょうから、普段利用している運送会社の方が経理処理で都合がいいのはよく解ります。
ということで、わざわざ佐川急便のステーションまで車で荷物を出しに行ったのでした。
午前中、佐川急便は配達に来ていたんですけどね~!

目立たないけど、小さな親切です。

-コスプレ衣装Shop

Copyright© コスプレ衣装 グランアテーセ , 2020 All Rights Reserved.