細部にこだわり写真映えするコスプレ衣装、カワイイを求めて

コスプレ衣装 グランアテーセ

コスプレ造形

A Happy New Year !

2009年 明けましておめでとうございます。

アテーセでは新年・元旦から質問、ご注文を受付中!
本日も早速、衣装を発送しています…1/2の明日には届きますよ♪
正月3が日明けにお届けの衣装もあるため、随時発送していきます。

さて、本日発送衣装の中にFFⅩ ユウナ(召喚士)の衣装があるのですが、この衣装に付属する
イヤリングが完全オリジナルのアテーセ内製です。

11月に苦労して10個以上を製作したのですが、早くも最後の1個となってしまいまして品切れ
となってしまいました…
コレが欲しいからアテーセの召喚士衣装を購入される方も多いのが実際のところです。

召喚士衣装は中国製でして、模様を染める技術者を呼んできて染色を行うために他の縫製工場
でも容易に製作ができるのです。
このため他ショップの衣装と写真上ではほとんど同じなのですね。
この衣装の構造はそれほど複雑ではなく、染色技術の差が衣装の差になります。
あとは違うのは縫製精度くらいであり、この部分は実際に手にしないと判りません。
結構、裁断や縫製がいい加減なことも多いのです。

ということで、コピー(形が崩れている)も含めてこの衣装と同じ衣装をイベントで見かけることは
多いデス。
汎用の既成衣装でコスプレを行う際には、同じ系列の衣装とイベントでバッタリ遭遇すること
もあるわけで、そういった際に備えて造型などで差別化をしておく必要があります。
同じキャラクターや衣装が並んだ場合には、どうしても周囲はその仕上がり具合を比べて見て
しまいます。
そこでキャラクターイメージを壊さないように、オリジナリティで完コスに近づけておく必要が
あります。

この衣装でのアテーセの回答が、イヤリングなのです。

アテーセのイヤリングは、大きさ、構成、材質、細部の仕上がりまでを含めて、かなり公式の
設定に近いものができあがっていると自負しています。
試作を繰り返し、製品版も改良を重ねてきて、現在Ver3.0にまでなっています。

一応、中国製の召喚士にもイヤリングは付けてもらっているのですが、これは遠目に見るには
十分であっても、撮影で接写となると細部のクオリティが要求されてまいります。

アテーセの内製ではきちんと各パーツをキャストで製作し、細かく塗り分けています。
既存の出来合いのパーツを組んだだけで無いところが自慢の部分でもあります。
球は既存のパーツですが、アクセサリーらしく天然石を使用してコストをかけています。

パーツ点数が12個、うち6点を塗装で細かく塗り分けるために、製作に時間がかかるのが難点。
量産でコストを落とすとはいえ、石油製品が値上がりした今となっては材料費だけでも1,000円
は超えます。
他に競合商品が無いからとオークションに出しても、過去に最高で1,600円まで上がったことは
ありましたが、普通は1,200円くらいにしかならない。
ですので、これがヤフオクに出ることはほとんどありません。
今回のような塗装ミスもめったに出ませんからね…初期塗装段階でのミスならヤスリで削って
上塗りしてしまえばOK。
最終工程でミスると、やり直しは面倒くさいためボツ商品になってしまいますけれど。

たぶん、これだけ手間のかかる造型を作ろうという衣装ショップはまず無いでしょう。
とゆーか、造型を自らも作る衣装ショップってコスパ以外に無いですよ。。。
造型サークルでも、この値段ではまず無理。
中国業者も、これはコスト的にコピれないだろう…とは考えています。

まぁ、右耳で髪に隠れがちの目立たない部分…だけれども、杖と同時にユウナの最大の特徴で
あるイヤリング、ユウナはレイヤーさんにもカメコさんにも人気のコスプレだけに、こだわるか
こだわらないかはそのレイヤーさん次第です。

-コスプレ造形

Copyright© コスプレ衣装 グランアテーセ , 2019 All Rights Reserved.