細部にこだわり写真映えするコスプレ衣装、カワイイを求めて

コスプレ衣装 グランアテーセ

コスプレ衣装製作

雪華綺晶

本日、中国の衣装生産工場へ連絡を取り、2月末に督促をしていたローゼンメイデン雪華綺晶の衣装と、超勇者ハルヒがどうなっているのかを確認いたしました。

そうしましたら、すでに中国からは発送となっているとのこと。
発送から到着までに5~7日はかかりますので、あと2~3日で届くとのことでした。

発送したら連絡くれよぉ~、といつも思うのですが…
衣料品は関税を支払わなくてはならないため、この予算を現金で用意しておかなくてはいけないのです。
仕入れ着数も多いことから、これだけでも1~2万円くらいにはなります。

超勇者ハルヒも、詳細なデータを添えて製作を依頼したのはちょうど1年前…
ゲーム出たのって、08年の1月じゃなかったっけ?!
完全に遅く、時機を逸してしまっている感は否めません。
もう、コレいいやぁ~!って感じがあります。
好きな人がいたら買ってくれぃ…という、、、
ローゼンメイデンという作品は、セックスアピールを極力排除することに主眼を置いて製作されていると言われています。
ドールというキャラクター自体が「中性的」であるために、性別を意識させないような作りにしているとのこと。

しかしながら、この雪華綺晶はアニメ専用の薔薇水晶を含めて、8体中で唯一露出度が非常に高いキャラクターになっています。
肩口と胸元の露出、ミニスカートと…このキャラクターだけなんですよね、肌を露出する衣装は。
その分、一番セクシーな衣装ではないでしょうか。

その代わりに、夏場は他の衣装は暑くて着ていられないのですが、この衣装だけは夏向きの衣装です。
逆に冬の屋外イベントでは風邪をひいてしまいます。

もうGW頃のイベントでも、真紅なんて暑くて着ていられませんからね。
あとは根性で…
これからの季節のローゼンメイデンのコスプレでは、ペットボトルを常に携行して脱水症に気をつけましょう。

-コスプレ衣装製作

Copyright© コスプレ衣装 グランアテーセ , 2020 All Rights Reserved.