細部にこだわり写真映えするコスプレ衣装、カワイイを求めて

コスプレ衣装 グランアテーセ

コスプレと経済

消費税増税の準備?

先日、契約しているクロネコヤマトから消費税計算を外税に切り替えて欲しいとの要請がありました。

これはひょっとして、1年後に迫った消費税の8%への増税の準備?
と聞いたら、「まぁ、そうです」との答えが返ってきました。

ウチはクロネコの送料は、売り掛けで一括引き落としですから端数が出ても何ら問題は無いので、断る理由はありません。
数円だけど安くはなる。

おそらくは、お客さんへの送料請求の兼ね合いで契約先の承諾を得てから手続きをしないといけないのでしょうけれども。
ウチは、送料は基本の640円だけをいただいて、超える分は持ち出しですからあまり関係無い。
だいたい1件、800~1,000円前後の送料です。
北海道とか九州だと1,200円くらいになりますが、その差額は持ち出しです。

それでも衣装の価格は、クオリティが違っても競争がありますからギリギリまで抑えなければならない。
消費税率が上がったからって、その分の値上げは簡単にはできないよねぇ。

通販で購入されたお客さんから送料の実費を取っているところは、契約通りに1円単位の端数をもらうのか、計算しやすい今まで通りの10円単位で請求するのか…
後者だと余計にもらうことになりますよね。
もっとも割引契約をしていれば、差額200~300円くらいは雑収入で利益になっているでしょうけれども。
クロネコヤマトと言えば、『魔女の宅急便』が実写映画化するとのこと。
これはジブリは関係無いとのことですが、「宅急便」はヤマト運輸の登録商標。
再びスポンサーになるのでしょうか?

-コスプレと経済

Copyright© コスプレ衣装 グランアテーセ , 2020 All Rights Reserved.