細部にこだわり写真映えするコスプレ衣装、カワイイを求めて

コスプレ衣装 グランアテーセ

コスプレと経済

楽天の偽装表示

楽天の社員が割引偽装・不当表示を指示していたということが、今さらながらにニュースになっています。

最近、楽天ショップのコスプレ衣装を調べていて、ちょうどタイムリーだったので書きますケドも。
楽天の企業コンプライアンスには、以前から疑問を持っています。

少なくとも、キャラクターのコスプレ衣装を営利目的で販売すると言うことはグレーな部分があり、アンダーグラウンドな領域に片足を突っ込んでいるわけです。
これまでの市場規模がそれほど大きくないうちは、暗黙の了解で影でコソコソやっている分には問題とはならなかったのです。
版権ホルダー側からしても、宣伝にもなるし大げさに騒ぐ必要も無い…と。

ここで「楽天」という企業、それなりに名前の知られた会社であり、日本でも有数のネット企業へと成長してきた会社です。
まぁ、通販を利用したことが無い人はいても、名前を知らない人はいないかと。

これまでのネット通販というのはきちんと商品が届くのかどうか、ちゃんとした物が送られてくるのかどうか、といったような不安要素が少なからずありました。
が、これを「楽天」という会社が"名前"で担保することによって、その信頼度を大きく引き上げたのです。
まぁ、楽天市場に加盟する際には、リアルで審査がありますから。

コスプレ衣装というのは、このネットでの信用度が極めて低かった商品の一つでもあります。
このことから、ネットオークションなどで衣装を購入する場合には、博打とまで言われていました。
きちんと着られる衣装が届く保証はどこにも無く、まともな衣装が来れば「当たり」とまで言われる始末。

楽天でコスプレ衣装を検索しますと、以前に比べて結構な数のショップが出店をしています。
しかも、昔は名前を聞かなかったショップばかりです。
ここ数年で、最近立ち上げたショップなのでしょうね。
このため取り扱う衣装も、最近のヒット作品が中心です。
「ガンダムSEED」なんかはありません。(笑)

当然、ウチにもしつこいくらいに楽天へ出店のお誘いTELがかかってきていました。
何度断ってもかかってくるため、営業同士でデータの共有は出来ていないのでしょう。
IT系なのに、データ共有が出来ていないって…お粗末。

営業TELがかかってくる度にこちらからは言うのです、版権の取り扱いはどうなっていますか?と。
「楽天」という有名企業の看板を掲げる以上は、裏道を歩いているのとはワケが違います。
お客様も「楽天」の看板を信頼して購入するわけですから、正規の手続きを経た商品であることが求められるわけです。
グレーな商品を、その信用を担保に売っていいわけが無い。
そんなことをしていると、「楽天」の看板にも傷が付きますよ、と。

そこで、決まって出る言葉が「版権って何ですか?」というもの。
「ソレ、必要なんですか?」と、、、(;^-^A
商品の特性を全く理解していないと思える瞬間です。

今回の偽装表示指南の問題も、「お客さんは定価なんか判りませんから」と言ったとか言わないとか。
そんなこと無いだろ!?
お客をバカにするのも、大概にしといた方がいいかと。

マニアックな商品に関しては、お客様の方が詳しいケースは多々あります。
だから、販売する方もそれ以上の知識で本気で応対する必要がある。

そんな中で「版権って必要なのか?」と理解していない人が、その商品に対してあーだこーだと本気で口出しができると思えますか?
そのような中でもし仮に出店をすれば、価格を下げろだとか販売量を増やせだとか、顧客の嗜好や生産の実情を理解しないで口出しをしてくるのは確実です。

そもそも商品原価率って、どの商品も似たようなもので30~40%ですよ。
そこへ77%引きしろって、常識的にどういう経済観念をしているのかってこと。
それを許している三木谷社長は、そこんところをどう考えているのかというのを、長として一言欲しいですね。
客寄せパンダであるのなら、広告を見て買えなかった人の不利益はどのように考えるのか?
あまりにも無責任。

そんな感じで、顧客無視のやり方に疑念があるというのが、これまで楽天には誘われても出店をしなかった理由です。
今後も無いでしょう。
おそらくは出店すれば、売り上げも上がって規模は拡大するかもしれませんが、版権を無視したままでは拡大は出来ないですし、名前を信用して買ってくれた顧客に対しても背信行為となります。

決して今の状態で良いとは考えてはいませんし、この結論は近日中に何かしら示す予定です。
楽天で無版権衣装を扱っている業者も、覚悟はしておいた方がよろしいかとご忠告。
(訪問者数が少ないから、ここまで書いちゃう)

手数料をピンハネして儲けている楽天ではありますが、いざ不利になった際にはショップを守ってはくれません。
トカゲのシッポ切りでオワリです。
今回の偽装価格表示だって、社員が指南してやらせておいて、三木谷社長は謝罪会見時に他人事のように店舗が勝手にやったと言っていましたからね。

-コスプレと経済

Copyright© コスプレ衣装 グランアテーセ , 2019 All Rights Reserved.