細部にこだわり写真映えするコスプレ衣装、カワイイを求めて

コスプレ衣装 グランアテーセ

コスプレと経済

改二

レポートを書いていて、「買いに行く」と書くと「改二」と変換…

普段、どんな変換をしているのかが判ってしまいますね~!? (汗)
ちゃんとした文章を書いてもいるのですケドね。
他の企業へプランを提示するためにレポートを書いているのですが、なかなか一般の方にはアニメ関連の世界の話が理解して貰えないのです。
そのためには、経済的な数字を提示するのが一番解り易く手っ取り早いのでありますが、その数字を計算していて気づいた。

コレって、利益を他の企業へみすみす持って行かれるのって、もったいないんジャネ?
本来であれば、この利益はコスプレイヤーへ還元されるべきものなんじゃないの、と。

どうしても、間に企業が入ればその分がピンハネされるわけです、タダで人は動いてくれませんから。
それが衣装代金にして、1着あたり2,000~3,000円は違ってくるわけです。
まとまると、結構な金額になります。

なかなか版権の取得が突破できないことから、他の企業の助けを借りようという話なのですが、その代償が結構大き過ぎるのではないかと。
スルーパスするだけなのに…
力関係からすれば、ヘタをしたらこちらは苦労だけを押しつけられて、利益だけをソックリそのまま持って行かれる可能性もあるわけです。
単なる下請け、納入価を買い叩かれて搾取される立場にはなりたくないですからね。

誰のために"ソレ"をやっているのか、その道を外れてしまうと顧客は誰もついては来てくれません。
そこが一番大事。
自分がもう少し時間をかけて頑張れば、他の力を借りなくても何とかなるのかもしれないですし。

アニメとかを関係無く、普通にビジネスモデルの話を友人としていたら、すごく違和感を覚えたのでありました。
普通の経営者は、当たり前ながらそういう発想をするんだナ…と。
もしそういう流れになったら、この計画は向かないよな。

計算した数字を冷静に考えていたら、当初の考えから変わってこのプランを先方企業が断わってくれることを望んでいるのでした。
すでにある程度の話が進んでしまっているために、今退くわけにはいかなくなってる。

-コスプレと経済

Copyright© コスプレ衣装 グランアテーセ , 2020 All Rights Reserved.