細部にこだわり写真映えするコスプレ衣装、カワイイを求めて

コスプレ衣装 グランアテーセ

コスプレshop運営

店舗を撤収するか否か

昨日のビル売却の話から、ずっと店舗をどうするかを考えています。

1. 一度撤収して店舗を引き上げる
2. アキバへ店舗を移す
3. 本社倉庫から近い場所、新宿から幡ヶ谷・笹塚あたりの安いとこに事務所を借りる

と、今のところ有力なのはこのくらいかな。

浅草橋の今の場所に残るという選択肢は、可能性としては非常に小さい。
と言うのも、オーナーがゼファーさんで無くなれば義理立てする必要は無いこと、値上げや立ち退きを要求される可能性が高いことなどから、先手を打つ必要があります。

仮に家賃が値上げされた場合、秋葉原近辺の相場と変わらなくなります。
まぁ秋葉原は隣の駅ですし、この場所も浅草橋駅前という立地としてはいい場所ですから、値上げも仕方がありません。

ただしそうなると、コスプレショップとしては家賃が割高なのです。
お客さんの人通りが少ないのが、この浅草橋の最大のデメリット。
ヒマを持てあましながら、ノンビリお店をやっている分にはいいのですが。

この点に関しては、家賃が同じであれば秋葉原や御徒町の近辺の方が絶対に有利。
アクセサリーや衣料品でオバちゃん達が客層の浅草橋よりも、オタク文化発祥のアキバの方が客層にはジャストフィットしています。
少なくとも、今よりは店舗販売が見込めるでしょうから、家賃が同じであればアキバへ行く。

少し調べた限りでは、秋葉原の駅から少し離れれば同じくらいの家賃で物件がある。
コスプレショップなんてのは、メインストリートからは少し離れて人通りが多少少なくなった方が入り易いのです。
さらに、1Fで出入りが人目に付くよりも2Fくらいの方がちょうどいい。

月額家賃はこれでクリア出来ますが、問題は敷金/保証金ですよね。
これが数ヶ月分となることから、100万円単位で予算が必要になります。
一度撤収してこの金額を貯める必要もあります。

そう言えば、来年には銀行からの借り入れ返済が終わるから、銀行が借りてくれって言ってたな…
これを借りるというのも、一つの手です。
敷金/保証金は、基本は減らないですからね。

それにもう一つ、人通りの多い場所へ店舗を出すとなりますと、現状の商品ラインナップでは心許ない部分も出て来ます。
新規に版権が関係の無いメイド衣装などの、販売の柱となる商品を開発しないとイケナイ。
商品点数を増やして、リスタートというところかな。

う~ん、昨夜から寝ながらもずっと悩んでいたのですけれども、Blogを書きながらだんだんと考えがまとまってきました。

-コスプレshop運営

Copyright© コスプレ衣装 グランアテーセ , 2019 All Rights Reserved.