細部にこだわり写真映えするコスプレ衣装、カワイイを求めて

コスプレ衣装 グランアテーセ

コスプレと経済

中国

今、中国との関係が緊張状態にあるのはご存じの通り。

このあたりは政治の失策と言ってもいいくらいで、民間に持ち込むなよぉ~!?
というのが正直なところ。
当然ながら日本人ですから、日本側の意見を支持するわけではありますけれども、政治をビジネスに持ち込むのはタブーとされます。
それを従業員個人の独断でやっちゃって、本社が謝罪するはめになった会社が一つ、二つ…

コスプレ衣装の製作に関しては、今や中国を抜きには考えられないくらいに深く浸透していますから、今回の影響も小さくはありません。
先週末のデモ以降、今週も中国側と連絡のやりとりは出来ていますので、ウチに関して言えば衣装の製作には支障は出ない模様です。

そこで政治的な問題については、あえて触れないようにしています。
向こうも、そのあたりは気を遣っているのではないでしょうか。

デモから暴動に発展しているのは、ごく一部の人たち。
映像を見ると、若い人が多いようなので学生が中心じゃないかなと。
学生って、ヒマだから…
社会人で仕事があると、なかなかデモに参加するなんてことはできないでしょう。

ちょうど、日本の1960年代の学生安保紛争にイメージがかぶるのではないでしょうかね。
当時のことは、生まれてないから知らないですケド。
中国のGDPは上がったけれども、社会の成熟度はそのくらいということなのかな。

コスプレ衣装の製作には支障はありませんけれども、どうやら中国政府が嫌がらせのために税関で日本向けの荷物を止めているらしいという話が、、、
コスプレ衣装を直接で中国住所のショップから購入してる場合、EMS郵便が届かないというケースも覚悟しておく必要があるかもです。

そう言えば、前もコレって中国漁船の衝突事件の後、同じような措置が取られていたように思います。

コスプレ衣装のショップとしては、中国に依存度が高いと政治的な不安定が起きる度にリスクが増大しますので、それを回避する手段としては生産地の分散化が必要です。
そのためにも、情勢や品質の安定した国内回帰を図り、日本製へのシフトを進めるべきでしょう。

最近は、生産の価格もそれほど変わらないし。
2,000~3,000円高いくらいだったら、かえって日本製の方が品質としても安心ができると思います。

-コスプレと経済

Copyright© コスプレ衣装 グランアテーセ , 2020 All Rights Reserved.