細部にこだわり写真映えするコスプレ衣装、カワイイを求めて

コスプレ衣装 グランアテーセ

コスプレ衣装製作

ラブライブ!サンシャイン!! 浦の星女学院

『ラブライブ!サンシャイン!!』で「浦の星女学院」の制服です。

発注をかけてから、ほぼ2週間でサンプルが仕上がってまいりました。
前回の『Re:ゼロ』のメイド服では、あまりの複雑さに悲鳴が上がりコストが見合わないとポシャったので、次は早期に仕上げてきたという感じです。
さすが、日本人は仕事が早い。

このセーラージャケット、クリームの色合いが生地サンプルからは少し黄色すぎるかな、とも思っていたのですが、実際に制服にするといい感じの色で仕上がりました。
またまたこのセーラー服、生地に導電糸を織り込んだ静電気防止生地を採用しました。

以前のハルヒ北高制服以来の2例目となります、国産だから出来る。
ですので、写真には写りませんが肉眼では黒い導電糸がうっすらと見えます。

この分の価格は当然ながら上がるのですが、いい生地なので制服本来の風合いを出すため妥協はできない部分です。
生地質も、完全再現を目指すためには重要な要素です。

ですから、少しでも価格を落とすため、1反での買取りになります。
これで、原価を1000円落とすことが出来ます。
なので、追加生産も含めて数が売れてくれないと困る!?

さて、細かいところはツッコミどころ満載なのですが、そこはサンプルなので次で修正です。
3年生のリボンの色は"緑"だろう、と。
1・2年生のオレンジと赤は、まぁ生地サンプルのデフォルトで問題は無しです。

あと、スカートのヒダも12本で指示していたのですが、なぜか10本で出来上がってきました。
その他の修正箇所は…極秘です。
そこが、それぞれの制作者(ショップ)の考え方だったりとか、ノウハウになるわけですから。

キャラクターを完全再現する上でポイントとなる部分、いくつもあります。
そして、本当に実在する制服であるかのようなリアリティ、さらに着て美しく見えないとね。

デザインばかりを追って服として機能しない、というのは問題外。
ちゃんと裏地にもこだわっています。

実はコレ、ウチが監修した同じシルエットの制服が、某大手ショップで販売されることが決まっています。
生地のグレードを落として裏地なども廃してコストダウンをしたモデル。
下代が7,000~8,000円くらいになると言いますから、上代は1万円ちょっとくらいになるのではないでしょうか。(そのショップの値付けなので、詳細は不明)

ウチのモデルの価格、ここまでこだわるととてもそんな価格では出来ません。
まともにいけば、コ〇パ級の価格になってしまいます。
やはり、細部をこだわってしまうと、どうやってもアノくらいにはなってしまうのですよね。

ですが、そこを中国製と価格勝負が出来るところまで下げるのが、コスプレイヤーのためというものです。
コストパフォーマンスは非常に高いところまで、下げる予定です。

これだけの品質なら、もっと高くてもいいんじゃない?とみんなに周囲からは言われています。
「えっ!?そんな安いの?」と工場にも言われました。

ラブライブ!サンシャイン!!のコスプレモデルさんを募集中デス。
都内撮影、首都圏イベントに参加できる人で、サイズはM。

-コスプレ衣装製作

Copyright© コスプレ衣装 グランアテーセ , 2019 All Rights Reserved.