細部にこだわり写真映えするコスプレ衣装、カワイイを求めて

コスプレ衣装 グランアテーセ

コスプレ衣装製作

ハルヒ北高制服 生地選択

トワルチェックでOKを出したら、次は実際の生地を使用して試作に入ります。
試作用は何種類か作るため、量産用の1反で買うのではなく、使用する生地を必要なだけ数種類
をメーター購入します。

この時にも大切なのは生地の選択!
今回のハルヒの衣装は、エヴァのように今後10年以上にわたり人気を維持すると考えています
ので、まず重要なのは生地の調達が安定してできること。

ご多分に漏れず生地にもハヤリ/廃りがあり、消え去っていくカラーも多くあるのです。
ここで、生産ロットごとに色が違うということは避けたいため、メーカー標準のラインナップ
から一番近いカラーを選択することにしました。

ハルヒのカラーは「青」というイメージが強いのですが、実は「グレー」なんですね。
カラーチャートからはグレーをベースにして青が入り、若干の緑が入っています。
〝制服〟ということを考えますと、グレーというのが本当なのかなとは思います。

た・だ・し、本当に原作のグレーで作ってしまいますと、非常に「地味ぃ~!」な衣装になって
しまいます。
また、世間一般の北高制服のイメージは「青」であり、これはアニメの彩色に大きく影響されて
います。
原作イラストとアニメでは、この青色も微妙に違うのですね。
オマケに言えばフィギュアも違うのと、ハルヒキャラは様々な有名なイラストレーターが描いて
いますが、みんな「青色」が違います。

このグレーを基本として緑の入ったカラー選択の難しさから、公式衣装の青も大きく原作からは
離れています。(と、思う人は多い?)
本当に"いとうのいぢ"氏は本人がこのカラーでOK出したのかなぁ?!と

できるだけ実際制服に近い仕上がりとするために、生地は綿とポリエステルの混紡「TCツイル」
とし、防シワ加工や帯電防止繊維を織り込んだものを選択しています。
このあたりの生地のコストアップに関しては、量産すれば数百円になってしまいますので、ここ
は手触りや着心地を優先します。
当然ながら、日本メーカーの製品です。

ただ、今回の青いツイル生地では希望する厚みのモノが無かったためにカラーを重視、少し薄め
の生地の採用となっています。
このためセーラーカラーにはパリッとした清潔感を出すためちゃんと厚めの芯を入れるように、
スカートにも透けないような裏地を付けるようにしています。

よく中国製のセーラー服のセーラー襟がヨレヨレなのがありますが、この部分で手を抜いている
ため、制服としてはだらしない仕上がりとなってしまいます。
生地が薄くてもきちんと作れば安っぽくはなりません。
それ以前に、裁断と縫製が間違っているという基本中の基本、技術的な問題がありますけれど…

小さな生地サンプルから実際の衣装ができあがった際に、大きな面積になると色の見え方が違う
ということがよくあります。
このため、同系列の生地の色温度を変えて何着かの試作品を作ります。

と同時に、細部の数mm/数cm単位での修正バージョンも試作で確認をします。
数ミリ違っただけでもイメージが壊れるかどうかが決まる場合があるのです。

-コスプレ衣装製作

Copyright© コスプレ衣装 グランアテーセ , 2019 All Rights Reserved.