コスイベント

CFR横浜情文、ガハラさん

本日は、CFR横浜情文への衣装展示です。
新規の衣装はこの「ガハラさん」だけなので、他は既存の衣装でお茶を濁します。(笑)

ここ2~3ヶ月の新規or改良した衣装は、全て版権がらみで取り下げている最中のために表に出せません。
このガハラさんも、本当は表には出せないものではありますが…
まぁ、趣味で作った物を見てもらうだけならいいかな、って。

ただ、やはり注目度は高かったようで、みなさんシルエットが綺麗だと言ってくれました。
作り込んだ特徴を細かく説明しますと、「これが販売できないのはもったいない」と言ってくださる方も、、、
狙った通りのシルエットとカラーが作れていますので、世に出せないのは断腸の想いなのですが、版権の"オトナの事情"から仕方がありません。

比較的、狙った通りに仕上がってはいるのですが、細かいところで中国製の不満がチラホラ…
処理がちょっと雑であったり、パーツの使い方を間違えていたりと。
今回の衣装は、金属パーツを全て日本製を使用しています。
これは、従来から中国製の金属パーツの耐久性が問題となっていたもので、試験的にやってみました。
イエナさんなどは、すでにやっていると言うことですが。
その分のコストはかかるのですけれども。
ちなみに、ポケットに挿してある文房具は置く場所が無かったからココに入れていたのではありません。

「何でココに文房具が挿してあるの?」

と聞かれましたので、、、
そういうキャラクターなんです。

そのレイヤーさんは、ガハラさんは知っていたみたいですが細かいところまでは解らなかったようです。
他のキャラクターでもそうなのですが、衣装出展をしていますとよく「この衣装は何ですか?」と聞かれます。
その度に、原作の宣伝が十分にできていないよぉ…と思うのでした。

例えば『化物語』を例に取りますと、それなりにヒットしている作品なだけに名前を知っている人は多くいます。
ですが、TV放映がローカル局の深夜であったために、中身を見ていない人も多くいるということです。
TV放映を見逃してもネット配信がされていますが、みんながみんな自分専用のパソコンで見られるわけではなく、また光回線を持っているとも限りません。
DVD/BDの初動売上げで新記録を出しても、それは一部のファンに限られていること。

宣伝の余地がまだあるんじゃないのかなぁ、といつも思います。
また、もうちょっとファンの現場を見た方がいいんじゃないの?とも言いたい。

ともあれ、本日の「横浜情文」は荷物の搬入と撤収の際に雨に降られることもなく無事に終わりました。
次回は8/8の予定です。
ここには、新作がいくつかお披露目できるとは思います。
コスプレ衣装 -コス・ラ・アテーセ-
http://www.athaise.com/

-コスイベント

Copyright© コスプレ衣装 グランアテーセ , 2020 All Rights Reserved.